読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAN WITH A MISSION Tales of Purefly Tour 2014 幕張メッセ

年平均5回くらい?の幕張メッセ!今年一発目です。

暑かった!夏か!海風が気持ち良かったくらいには暑かったです。
会場は東北の復興支援ブース等が出店していて、ちょっとしたフェスのような雰囲気。
どこ行っても爆音でアルバム音源流してるもんだから、テンション上がる上がる。
気温もどんどん上がる。


開演の1時間程前に入場。
何か入場の時に手首につける演出用のライトを渡されたので装備。
でかい。大事なことなのでもう一度言います。でかい。マジで。
入ってすぐにポジションを決める。
まあその次点で色々予想はしてました。


01.tales of purefly

10分程度押して始まる。会場の外から演出のリハ観てたけど、中に入って観てみるとそれ以上にとても綺麗だった。
腕につけてるライトが演出と連動して光るのが幻想的。
みんな初めて飛行石が光った時のシータみたいな顔してた。


02.evils fall

はい、この時点でもっしゅ凄かったです。
イントロ始まって一瞬で何も分んなくなってジョニーが

「アナナタチヤレルンデスカー!?」

っていつものアレを叫んでる時に全くやれる準備出来てなかったw


03.distance

うおーここでdistance掛かったら死んじゃう!と思いつつ付近にサークル3つ出来て物凄い盛り上がり。
でもペットボトルの水撒くのそろそろ止めよう、な!(5本分くらい浴びた


04.Wake Myself Again (with strings)

コンセプトアルバムと言うことで、曲順はほぼアルバム通り。
歌詞が好きで何度も何度も聴いた大好きな曲。
ちなみにストリングスは生オケでした。格好良過ぎ。


05.database

これで会場爆発するのか?って思ったくらいに盛り上がった。
タクマさんは来ませんでしたw
出だしの歌詞が厨二で好き。毎回そこだけ繰り返し聴きたいくらい。
やー格好良かった!


06.Take What U Want

盛り上がる曲どんどんぶっ込んで来ますね!!
右腕に装備したライトが結構重く感じるw


07.vitamin 64

ジョニーは感動的なMCの後にコケる呪いにでも掛かってるのですか・・
横浜アリーナを思い出したよ。あれはある意味神だったが。

まあそんなことはさほど重要じゃない。
とにかく心に染みた。いつも仕事帰りに聴いて癒されてる。
二人の声、パワーあったなあ。バラードは良いものです。

演出上、途中ストーリーのアニメーションやら子役3人組やら出て来ます。本だけ読むとちょっと物足りない感じがしたけど、こうして演出されて舞台になると「お」と思う。


08.higher

ポジティブな曲が続く。
ちょっと弱気な歌詞がジョニーの声で歌われると萌える。
タナカが力強くそれを歌い繋いでくのも良い。


09.DON'T LOSE YOURSELF

ちょっと色を変えて来た。
この曲も滅茶苦茶格好良くて大好き。「shit」が良い。
と言うかみんな物凄い歌うのね。いや自分も歌ってたけど。
帰ったら全然声出なくてびっくりした。


10.Emotions (with strings)

なんかもう格好良いとか凄いとしか言えてないな。
語彙が無さ過ぎる。
これも格好良いに決まってるだろう!
サンタモニカの手元ばっかり見てました。
スーパープレイだわ・・・惚れ惚れする。
盛り上がり方も尋常じゃない。


11.whatever you had said was everything

浸って聴いていた。
しかしバラードでサークル作る人は何考えてるんだ。
曲聴いてないだろう!曲聴こう!


12.When My Devil Rises

待ってた!
これも厨二歌詞が良くてリピートしてしまう。
大合唱だったねw


13.NEVER FXXKIN' MIND THE RULES

勢いが止まらない。もう足上がんないし腕も上がらない。
でもライトはキラッキラ光るから腕を振り上げてジャンプするのだ。


14.Searching life (with strings)

子役さん達が出て来て、狼大集合で焚火囲んでカントリー。
この後大一番のbabylon来るだろうから、この辺りで少し休憩ってところ。


15.Smells Like Teen Spirit (with strings)

休んでる暇なんて無かった。
ここで体力を振り絞ってずっとジャンプしてた。
身体が勝手に動いてしまう。


16.your way

光が綺麗だったなあ。本当に演出が素晴らしかった。
感情に呼応するような、不思議な光。


17.Get Off of My Way

もう全然HP残ってないけど飛べと言うのなら!
・・・全然飛べない!!映像は涼しげだけどもう暑くて死にそうだったよ。


18.babylon (with strings)

鳥肌っす。初めて聴いた時もぞくぞくしたけど、LIVEって凄いね。
生歌ぞくぞくしっぱなし。

ここで演出も最高潮に。


19.Dancing On The Moon (with strings)

このところ、ずっとこの曲ばかり聴いてた。
音量を上げると、始まりのストリングスは不穏な響きじゃなくてポジティブな感情のように感じられる。
つまり、夜明けのような・・・まあこの場合月の出だけど。
歌詞もまた良い。


やっきにく!やっきにく!のアンコール。
秋ツアー決まったよ!!さいたまスーパーアリーナだよ!!!!!
絶対行きます。


E1.DANCE EVERYBODY

先生、もう飛べないっす!
まあこの頃になるともうどうにでもなあれって感じで無い体力振り絞って踊るしかないのでありました。


E2.FLY AGAIN

これね、今までで一番好きなFLY AGAIN。
すっごい盛り上がったし、踊ってて楽しかった。
降って来た銀テープ掲げながらのいえーい!いえお!
あれ永遠にやれると思う。
あの瞬間に死んでもたぶんそのまま昇天出来る自信ある。
それくらい楽しかったです!!!!!!!


最後に少しMC。

狼たちはほんと最後までクールで格好良い。
絶対さいアリ行くのでそれまでは生きねば。





彼らの曲に繰り返し出て来る、
「恐らくもうこの世に居ないであろう、彼らの大切な女性」像。
歌詞に注がれる感情が溢れる程、曲には込められている。
悔しさであったり、尊敬であったり・・・様々な感情の色が見える。
彼らにとってどんな女性なのか、否が応にも考えてしまう。
フォーカスライトでは非常に克明で、your wayでは乗り越えつつあり、記憶から去ろうとしている。
これからも、彼女が歌詞に現れればきっと気にしてしまうんだろうな。

余談だけれど、最近の音楽家たちはファイティング・スピリットと言うか「虐げられても負けるものか」を随分と全面に出して来るな、と思う。
共通するのは、その“名を呼べぬ誰か”に対し「負けない」と言う強い意思。


言葉に出来ない、何か。
そのミステリーに、自分はとても魅かれるのかも。

ーーーーーーーーーーーーー

セトリお借りしました。
http://blog.livedoor.jp/joechang/archives/1687673.html

あと、放送決まったようです。
http://www.mwamjapan.info/topics_detail13/id=463

ロートレックからの招待状

画家アンリ・ド・トゥールズ=ロートレックの生涯を、 彼の友人モーリス・ジョワイヤンに扮した岡田眞澄が、レシピ集「独身モモ氏の料理法」を絡めて紹介する。

「人間は醜いが、人生は美しい」

繰り返される印象的な言葉。
岡田眞澄の流暢なフランス語で滔々と語られる人生はとても美しく思えた。

どんな人間にも苦難はあるけれど、その中でこうして自分で見つけ出した答えを持つ人は、例えどんな人生を生きようとも美しい。それは図らずも彼が幼少期に呼ばれていた「小さな宝石(プティ・ビジュー)」を想起させる。

ベル・エポックと言う華やかな時代でさえ、光の影に闇はあった。ロートレックが夜の闇に染まる街を歩き、 見つめ続けた人々。
その一瞬の強い光を閉じ込めた絵画はとても美しく― 被写体を見つめる彼の温かな眼差しを感じる。


岡田眞澄のジョワイヤンぷりも、素晴らしかったです。
久々に吸い込まれるように観た。
レシピ集は機会があれば読んでみたい。

PLAY WHAT U WANT TOUR

さいたまスーパーアリーナで行われたツアー行って来ましたよ!
ファン投票によるリクエストツアーです。

禁止事項をなんと日本エレキテル連合の二人が分かり易く、 下ネタを交えながら前説。
小さいお子さんも居るのに何言ってるのwwと思ってしまったけど大変盛り上がりましたw

※ミッション動画「壁ドン講座」は時間の都合で省略します!

以下は「セトリ!」より。
http://www.setlist.mx/concerts/166483
いつもお世話になっております。


1.TAKE WHAT U WANT

やはりこの曲から!最初は肩慣らし的な感じ。

2.WELCOME TO THE NEWWORLD

やっぱ格好良いっす。
今回アリーナスタンドだったんだけど、幕張の時を参考に 「出来るだけ後ろに下がる」と言う戦法でもっしゅを逃れました。
まあその後、物足りなくなったりもしたんだけど・・・w

3.evils fall

イントロ流れた瞬間に隣に居た友人が頭を抱えて
「うっ・・うわあああ」
みたいになってて、幕張の傷は深いと思いました。。

4.Get Off of My Way

げろんげろんげろん!ジャンプし足りない!!
会場入る前に飲み物買う時、自販機にゲロルシュタイナーあって超絶悩んだけど、炭酸水なんで自重しました。
映像もかなり拘ってて良い良い。

5.DANCE EVERYBODY

はいタオルー!涼しくなるかと思いきや、やっぱ熱気が凄くて涼しくならない!!
でもタオル振り回すの楽しいです。

6.フォーカスライト

かなり嬉しかった。ずーっと毎日聴いてた曲なので・・
FROM YOUTH TO DEATHも聴きたかったんだけどね!!!!!

7.distance

この辺りから徐々にヒートアップ。
やっぱり燃えます。

8.Mash UP the DJ!

ガツン!ときました。こうでないと!
硬派なオオカミ、好きです。

9.database

燃えた燃えました!
タナカ格好良過ぎ。

10.Green-Tinted Sixties Mind

聴き入ってしまう。
mixiで何に投票したスレッドでかなり票を入れた人が多い印章。

11.NEVER FXXKIN' MIND THE RULES

盛り上がる曲のオンパレード。加速します!

12.TAKE ME HOME

家族の入院中にずっと聴いてて、その頃のことを思い出してじーんときた。
本当に今年も一年、オオカミ達の曲に支えられてたことを思い知る。

13.RAIN OF JULY

胸に拳を当てて歌うタナカに目が釘付け。
惚れてしまうわ。滅茶苦茶格好良い。

14.ワビ・サビ・ワサビ

まさかの!しかも琴と尺八は生演奏!!
聴けて嬉しかった!!!

15.1997

叫んだよ!ほんとずっと聴きたかった曲。
色んな気持ちが去来して、聴き終わって大人になったような・・
そんな不思議な感触。

16.higher

待ってた!テンション上げて行きます!
歌詞も良いけど曲のテンポも良くて好き。

17.Emotions

この曲を聴くと否応にも色んなことを思い出すね!
自分が一番悩んでいる時に聴きまくった曲。
これからも聴き続けるだろうと思う。
僕らはただ手を広げ高く空へ飛ぶだけ。

「あと2曲!」
嘘だろーーーーー!

18.PANORAMA RADIO

セトリの中で一番聴きたかった曲かも知れない。
泣きそうになった。

19.FLY AGAIN

皆で全力でいえーい!いえお!した!!
初めましての人も、最初から聴いてる人も等しく。

つくづく音楽は人と人を同調させるパワーがあるなと思う。
原始的で本能に打ち響く音。それを感じさせる素晴らしい楽曲でした・・・!

焼き肉コール後にアンコール。

20.falling

新曲じゃないですかー!
ロックバラード好きです。
シングル楽しみっすね!!!

21.DON`T LOSE YOURSELF

〆はきっと色々悩んだんじゃないかなって思う。
全曲聴きながら色んなことを感じた。
常に何かに挑戦しないと、人(オオカミもか)の成長は終わってしまう。
自分の殻を破る為、様々な困難を打破する為の決意。

きっと、そんな感情なんだろうなと。

自分の中に残って燻る火がじりじりと胸を焦がすこんな夜に、どうやって眠ればいいのか・・・
考えはまとまらないけど、朝は来る。新しい年もやってくる。
人は悩み多き動物だけど、これほどの強い感情に触れたなら必ず変わるはず。
オオカミ達のように、前を向いて強く!ポジティブに!!跳べ!!!!

広告を非表示にする

魔導師の月

「夜の写本師」でファンタジーの新機軸を打ち出した作者の第二作目。

本を読む時、音楽を聴く時、全てタイミングがあると思っている。
この本も、読むべき時にやって来てくれた。
今しかこんな気持ちにはならないだろうと思う。
二人の魔道師の中で輝く星々が、完璧に記憶と重なった。

人は物語を紡ぐのだと教えてくれたのは、やはり本だった。
どんな人にも、かけがえのない1ページはある。

穢れた月はもう無い。
太陽が綻びを縫い、自身の中に闇を抱えてただ、人は生きて行く。

魔道師の月 (創元推理文庫)

魔道師の月 (創元推理文庫)

広告を非表示にする

SUMMER SONIC 2013 (TOKYO) DAY-2

去年初めて行って、次もまた絶対行こうと決めていたサマソニ
チケットはかなり早く売り切れてたね。去年は7月でもまだ買えたけど。

暑かったよ!
大事なことだからもっかい言うよ。
暑かったよ!!

去年のサマソニとこの間のろっきんが涼しかったので夏フェス舐めてましたさーせん!
暑過ぎて何度か死ぬかと思いました^p^

それでも最前列を目指す為、4時半に起きて出発。
電車で隣に座った兄さんのリュックに毛玉ストラップがついててこっそり仲間意識というなれば名の闘志を燃やす。

そんな訳で現地着。暑いよ・・・!!!1
しかし並ぶのです。去年は逆側(R側)で雷雨の中2時間待ってたなあとか思い出したり。
今年は炎暑の中、最前列げっと!
マリンスタジアムオープニングアクトは去年Rainbow Stageで観てドはまりした「MAN WITH A MISSION」!

以下セトリ!より転載。いつも有難うございます。


1.distance
2.TAKE WHAT U WANT
3.Smells Like Teen Spirit
4.FLY AGAIN
5.Emotions
6.Wake Myself Again
7.Get Off of My Way

一曲目から飛んだね。
結構変化球が来て良いセトリだったと思う。
念願のいえーい!いえお!が出来て良かったヽ( ´ー`)ノ
あと歯ギターが目の前で見られて感動した。

オオカミの歯で!歯ギターとか!!弦切れるから!! !

って思いながらめっちゃ笑った。
MCでジョニーが「ナンデコンナニアツイノニコンナカブリモノry」的なこと呟いてたけど、中の人などry
Emotionsの終わり頃から意識が途切れて来たので、ここで無理して死んだら悔いが残るどころかここに化けて出るなきっとと思って離脱。。
Get Off of My Way聴いて踊りながら外へ。
外も暑かったです(´・ω...:.;::..


出てすぐに溶けかけのペットボトルの水を飲んで復活。
生き返るわ・・・
熱中症対策で放水車が通ってたので水を浴びつつ荷物を取りに行き、再びスタジアムへ。

ZEBRAHEADはMCで日本語の下ネタばっかり言ってて笑った。 あんなカッコいいのにサイテーだった(褒め言葉
いいぞもっとやr

続くIMAGINE DRAGONS。
スタンドもかなり盛り上がってたよ!
ちょっとアルバム買って来るね。
It's Timeが物凄く良かった。大好きになった。和太鼓が超クール。

日差しがかなり辛くなって来たので日陰に移動。
センターでTHE SMASHING PUMPKINS鑑賞。
隣に座ってた兄さんが全部事細かに(彼女に)解説してくれてたので助かりました。かなり盛り上がってたね。


続いてミスチル

1.名もなき詩
2.NOT FOUND
3.Worlds end
4.GIFT
5.彩り
6.ポケットカスタネット
7.REM
8.ニシエヒガシエ
9.フェイク
10.終わりなき旅
11.fanfare
12.innocent world

2曲目でマリンを出たけど、物凄かったです。
かなりロックを意識したセトリ。
でも聴きながら自分はこの音楽には呼ばれてないなって感じた。
隣の兄さんが「俺、場違いなんじゃないか」ってぼそっと呟いたのと全く同じ気持ちだった。
ミスチル好きだし、ステージは最高に格好良かったよ。
それでも、今は他の音楽を聴きたいなと思ったので移動。


MOUNTAIN STAGEに移動してEARTH,WIND&FIRE待ち!
実は今回のサマソニの一番の目当てでした。

1.Intro
2.Boogie Wonderland
3.Sing a Song
4.My Promise
5.Shining Star
6.Serpentine Fire
7.Saturday Nite
8.On Your Face
9.Sun Goddess
10.Kalimba Story
11.Evil
12.Keep Your Head Yo The Sky
13.Devotion
14.That's the Way of the World
15.Fantasy
16.September
17.Dance Floor
18.Let's Groove
19.Mighty, Mighty

とにかく楽しかった・・・・・!
ノンストップで歌うもんだから、ずーっと踊りっぱなしだったね!
お歳を召した男性方から若い女の子まで、色んな人が踊って歌って。
何よりアーティスト本人たちがあまりにも楽しそうだから、自分たちも嬉しくて嬉しくて。何だか幸せな気持ちになった。

Fantasyのイントロが流れた瞬間にじわじわと鳥肌が。
会場が歓喜に満ち溢れてくのが分かった。みんな待ってたんだね。
怒涛のラストまで大盛り上がり。
最高にパワーのあるステージだった。
また来日したら絶対に行きたい。こんなに元気を貰えるとは思わなんだ。

彼らはステージを降りた直後に「なんでこんなに若い子たちが居るんだ?」と口々に呟いたそうだけど、ほんと若い人多かったね。
音楽に新旧は関係無いんだって改めて思った。良いものは良い!
素敵な夜を有難うございました!!


本当はMUSEPET SHOP BOYSも観たかったですが、また次回に・・・!
超絶日に焼けてあちこち痛かったけど、一日を通して頑張れたのでやっぱり健康は大事だと感じた。ちょくちょく続けてたリハビリも良かったのかも。
あとは無理をしないこと!無理すると完走出来ないからね!!

んで結局今年もフェス飯は食べられませんでした。
飲み物は3Lくらい飲んだけどw

来年も楽しみだー。
暫く音楽漬けになりそう。欲しいアルバムがたっくさんあるよ!

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013

ある日唐突に友人から「ろっきんのチケット取れた!」とメールが来たので、びっくりし過ぎて目が飛び出るかと思いました。
そんな訳で行って来ましたよ!

周りから散々「暑いよ」「暑いから覚悟しとけよ」「あー・・暑いよ」と脅かされまくっていたのに、当日は夏なのに超寒くてどうしようかと思いました。

取り敢えずGRASS STAGE・・・へ行くと見せかけて、前日4時間くらいしか寝てなかったのでキャンプサイトで敷物敷いて朝の涼しい空気の中寝てました。最高に気持ち良かった(寒かった) 。

GRASS STAGE一発目は[Champagne]
かっちょ良かったです。1曲目にWaitress, Waitress!

以下セトリ!より転載。


1.Waitress, Waitress!
2.Rocknrolla!
3.Stimulator
4.Forever Young
5.言え
6.city
7.Kick&Spin
8.Starrrrrrr

野心のあるバンド、好きです。MCは聴き入ってしまった。 次はワンマンでお会いしたいところ。

暫くまた寝ていたら「こんにちはぁ」「PUFFYでぇーす」とゆるい感じの挨拶が。

1.ジェット警察
2.愛のしるし
3.脱ディストピア
4.Hi Hi
5.(You Gotta) Fight for Your Right (To Party!)
6.これが私の生きる道
7.MOTHER
8.誰かが
9.サーキットの娘
10.渚にまつわるエトセトラ
11.アジアの純真

すっげえ良かった!
たぶんLIVEは初めてじゃないはずだけど、いやー良かった。
誰かが歌ってくれるとは思わなくて嬉しかったね。
あと歌詞がどーんと来るね。伝われ。

この辺りからもうアップを始めてました。
MONGOL800

1.DON'T WARRY BE HAPPY
2.愛する花
3.PARTY
4.LOVE SONG
5.小さな恋のうた
6.神様
7.矛盾の上に咲く花
8.What a Wonderful World
9.face to face
10.あなたに

弟が好きで、自分も聴いてたモンパチ。
久々な曲も知らない曲も、パワーあって元気が出るね。みんな会場のあちこちで飛び跳ねながら聴いてた。

ご飯食べ終わったのでもそもそと移動。
この辺りからどんどん前へ。
きゃりーぱみゅぱみゅ

1.なんだこれくしょん
2.インベーダーインベーダー
3.み
4.みんなのうた
5.ふりそでーしょん
6.つけまつける
7.にんじゃりばんばん
8.PON PON PON
9.ファッションモンスター

きゃりーちゃん可愛い・・・
物凄く可愛い・・・・・
LIVEは映像で何度も観たけど、実際にあの空気を共有出来たのは良かったね。 みんな夢中で踊って歌ってた。
PON PON PONが不意打ち過ぎてちょっと泣いた。
全力でヤスタカだったね。

にんじゃりばんばんは振り付け覚えたよ!
大好きなファッションモンスターがラストで嬉しかった。

ワンオク行くよ!
友人の手を引っ張ってどんどん前へ前へ!!
直前まで雨が降っていたのにやっぱり晴れるのね。流石晴れ男taka。

1.Deeper Deeper
2.Nothing Helps
3.アンサイズニア
4.Clock Strikes
5.ONION!
6.69
7.Re:make
8.完全感覚Dreamer
9.The Beginning

曲が総入れ替えってくらいセトリ変わってる・・・!
まあ、アルバム出たしね!

開幕Ryotaが脱いで登場して噴いた。はえーよ!
Tomoyaがドコドコ、Ryotaがぼんぼん。あとは分かるな?
Deeper Deeperは大変盛り上がりました・・・!

ワンオク観るときは右端って決めてるので今回も右端でとーるさんの満面の笑みを拝んで来ました。あの煽り喰らって前に出ない奴が居るだろうか!
でも比較的平和的に聴いてたねみんな。思いやりあるフェスも良いものだなあ。

まさか69やると思わなくて驚いた。
でもフェスに合う曲だと思った。
個人的には完全感覚とThe Beginningを逆にして欲しいかも。
屋外で聴くワンオクはやっぱり良いなあ。来年はきっとめとろっくに!

この辺りでちょっと一息。
水分補給しつつ、工場直送のジャイアントコーンがぶり。うめえ!
遠くからホルモン聴いてました。

1.恋のメガラバ
2.maximum the hormone
3.便所サンダルダン
4.「F」
5.ビキニ・スポーツ・ポンチン
6.チューチュー・ラブリー・ムニムニ・ムラムラ
7.シミ
8.ぶっ生き返す
9.恋のスペルマ
10.握れっ!!

凄かった!
涼しかった所為もあって、みんな全力で行ってたね!
ヘドバンしたかったですが、既に身体がガッタガタでしt

RIP SLYMEですよ。
シートサイトに陣取って踊った。
やっぱ煽り上手い素敵最高。

1.Watch Out!
2.ジャングルフィーバー
3.楽園ベイベー
4.太陽とビキニ
5.AH yeah
6.メドレー
7.ロングバケーション
8.Good Times
9.熱帯夜
10.JOINT

既に陽は落ち掛けていて寒かった・・・
けれど確かにあの時間は真夏でした。
途中であまちゃんステージになってたけどw

Good Times格好良過ぎだろう!
最高のパスでした。


小雨が降ってたんですよ。
もそもそとシートサイトを出て、前へ前へ。
闇に浮かぶステージは青く幻想的。
ステージを見降ろす位置について。

1.INORI
2.ミュージック
3.アイデンティティ
4.ルーキー
5.僕と花
6.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
7.ネイティブダンサー
8.Aoi
9.夜の踊り子

encore
10.アルクアラウンド


夢をみてるみたいだったね。
いつまでも踊っていたい。

「お前ら踊り足りないだろう?」

いえす!
アンコールで燃え尽きた。
前に居たお姉さんが素敵なダンスを踊ってて惚れぼれ。 自分もいつかはネイティブダンサーばりに踊りたい。

寒くて寒くて、これは踊って温まるしかない!と思ったね。音楽に合わせて身体を動かすのは気持ちの良いものです。
以前一郎さんが呟いていた

「音楽を聴いて、何となく体が揺れ始めたらそれだけでもダンスだと僕は思ってる。だから『踊る』という行為は極めて自然な事なんだ。」
「難しかったり、恥ずかしい事なんかじゃない。カッコ良く踊れるかじゃなくて、自由に踊れているかが大事なんじゃないかなと。」

この言葉は良いなあと思い出しながら。
踊って踊って夜は更けて。あっと言う間の時間でした。


花火が上がって全行程終了。
身体はガッタガタ!
たくさん運転してくれた友人には心から感謝を。

有難う!また来年行こう!!今度はテント持って!!!

ONE OK ROCK 2013 "人生×君=" TOUR

横浜アリーナ最終日。

以下「セトリ!」から転載。いつも有難うございます。


1.Intoroduction ~where idiot should go~
2.Ending Story??
3.Deeper Deeper
4.Nothing Helps
5.カラス
6.アンサイズニア
7.c.h.a.o.s.m.y.t.h.
8.Let's take it someday
9.未完成交響曲
10.じぶんROCK
11.Clock Strikes
12.Wherever you are
13.All Mine
14.Liar
15.Be the light
16.ONION!
17.69
18.Juvenile
19.Re:make
20.完全感覚Dreamer
21.The Beginning

encore
22.NOBODY'S HOME
23.the same as...


出だしはアルバム曲から。
5曲目にカラスが来るとは思わなくて叫んだ。
c.h.a.o.s.m.y.t.h.はいつ聴いても心が震える。
自分にもそんな仲間が居ることを嬉しく思う。
Clock Strikes辺りからの演出が凄かった。最近のLIVEは映像も拘っていて良い。
VJの演出と言うか、全体的にクラブっぽさがあると言うか・・好きだなこう言うの。
Wherever you areはもう、泣いた。愛してますよそりゃあ。
Be the lightでTakaが「この曲は悲しい曲じゃない」と言っていたのが印象的。
帰りに車の中で聴いてやっぱり泣けた。泣いてばっかりだ。
ONION!凄く格好良いよ。歌詞も好きだな。
完全感覚Dreamer終わって一息・・・と思いきや!The Beginningが!!
物凄い完成度。新境地と言って良い。真っ白になった。

アンコール、NOBODY'S HOMEでほろっとして、the same as...を聴いてお仕舞い。

MCは比較的多めだった。
いつも真剣だなあと思う。真っ直ぐな気持ちと感じる。
「考えること」を繰り返し語っていた。
受け止めて、考えて、自分には何が出来るかな?
ワンオクのLIVEを観ていつも感じるのは、圧倒的なポジティブさ。
憂いを全部吹っ飛ばしてくれる。

去年のLIVEより遥かに良くなっている。
自分は去年と比べて良くなった?

・・・良くなったと思う。少なくとも、後悔はしていない。
彼らはいつも「このLIVEで死んでもいい」と言う。
自分はいつ死んでもいいような生き方をしてるかな?
いつも自身に問いたい。そこに後悔は無いか?

人生は楽しんだ者勝ち。
これからも、楽しんで生きたい。ただそれだけ。
素晴らしい一夜を有難う!