君の名は。

待望の新海誠最新作。
かなり鳴り物入りで番宣も凄くて、期待せずにはいられなかった。

結論から言うと、とても良かった。中盤、やや失速した気もしたけれど、全体を通して新海誠作品の醍醐味であるスピード感に溢れていて、ラストはシンプルだけど余韻を残して…。集大成と言って良い映画だと思った。


ここから先は完全に個人の感想なのだけれど、観終わって思い出した作品がひとつ。

乙一「Calling you」

後のタイトルは「きみにしか聞こえない」。実写映画化されている作品なので、知っている人も居るかも知れない。
この小説のオマージュなのかな、と思った。


そうだとしても、そうじゃなかったとしても、とても綺麗な作品で、新海誠作品としては初めてのハッピーエンドでとても驚いた(言の葉の庭がハッピーとは思えなかった)し、RADWIMPSの楽曲も素晴らしかった。
観て良かった。楽しみにしていた甲斐があった。

一冊の本を読み終えたような気持ち。
夏に相応しい、爽やかな読後感を覚えているところ。

広告を非表示にする